FC2ブログ

趣味が変わって来たような……

好きだったはずなのに、何となく「もう、いいかなぁ」と集めていた漫画を4シリーズほど中古屋に売りました。

一作は、お約束全開過ぎてラストの展開が読めてしまったので。
スポコン漫画って超高校級とかが当たり前になってきたら「ごちそうさま」だと思っています。ああいうのは絶滅危惧種だから有難味があるのではないかと。そういえば某王子様も同じ理由で売り飛ばしましたっけ……(遠い目)。スポコンで人外な選手が出たらダメだよ……
スラダンや帯ギュの偉大さがしみじみ分かります。格ゲーのコマンド技のようなプレーがなくとも、魅力的な選手は魅了的なんですよね。ここ一番のスリーポイントを決めたのが、誰も注目していなかった真面目にコツコツ頑張っていた眼鏡くんだったことが今でも印象深いです。

一作は、だんだん最初の頃の何度も読み返してしまう魅力が無くなってきてしまったので。
ジャンプ故の弊害といいますか……格闘漫画に移行し易いんですよね、ジャンプって。よっぽど確固とした個性を持っていないとギャク漫画ですら格闘モノに移行していく怖ろしさ(遠い目)。トーナメント形式が出てきたらもう終わりだと思っています。まあ、格闘漫画になってからより面白くなったのもあるんですけれどね、復活や幽白とか(苦笑)。
何だかんだ言って、昼の出番が極端に減ってしまったことが一番の原因なのでしょう(苦笑)。昼と夜の巡りが好きだったので、格闘シーンが前面になるにつれ夜こそ真打扱いになっていくのが悲しかったです。あと、強さのインフレが、ね。
うしトラって奇跡のような作品だったんだとしみじみ思います。強さのインフレが起こっても可笑しくないのに、うしおとトラの強さを固定してシンクロ率の変動で戦闘能力を変えていったので、「今度の敵は手強いぜ」「今度の敵はもっと手強いぜ」「今度の敵はもっともっと手強いぜ」現象に陥らずに済んでいます。未熟なコンビが、共に過ごすにつれ成熟していき、でも擦れ違いでまた未熟に逆戻りして、主人公の少年らしい心の揺れがそのまま表れた槍筋が胸に迫りました。また、日常と非日常、双方が混じり合った非常事態がそれぞれ多すぎず少なすぎず描かれていて、そういうところも魅力的でした。

一作は、雑誌でエンディングを迎えたので。
このまま持っておこうかどうしようか迷ったのですが、棚にもうスペースが無いのもあって「まあ、いいか」と(笑)。一番平和な理由です。最終巻は春発売なので、それだけは後で買って読もうと思っています。売りますけれどね、その後。それもまた良しで。

一作は、ちょっと主人公の境遇が痛過ぎて(涙)。
主人公補正とはいえ、あまりに次から次へと試練が(涙)。最近、ギブ・ミー・癒し状態の私には痛さが沁み過ぎました。Dグレと同じ理由で手放したなぁ………
ストーリーそのものはとても好きだったので、ラストがハッピーエンドになったと風の噂で聞いたら、もう一度買うかもしれません。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

御月雪華

Author:御月雪華
自サイトにて、オリジナルと二次創作の小説を載せています。
蝸牛の歩みよりも鈍い更新速度ですが、興味のある方はどうぞお気軽にお越しください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる